カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
なんば2号店の 店舗ブログ

【MtG】MtG担当による適当なお話:パイオニア【運命のきずな】

どうも!久しぶりにエタマス剥いたら爆死しましたMtG担当です(;O;)

神話出るまで剥いたのに、結局出たのが《天秤》て・・・

    《天秤》

せめて《不毛の台地》か《師範の占い独楽》くらいは欲しかったですね(´・ω・`)

  《不毛の台地》    《師範の占い独楽》

はい、では本題に参りましょう!

前回の記事で存在に触れました《運命のきずな》について少し書いていきます。

  《運命のきずな》

基本セット2019のBOX購入特典として”のみ”手に入れることが出来たカード

掟破りである、インスタントタイミングで追加ターンを付与する事ができます。

相手ターンの終了時に唱えるだけで、2ターン連続してマナがフルで使えるターンを迎えることが出来ますね~

更に、このカードは墓地に置かれる代わりにデッキに戻る能力も持っているので、使い回すことが可能です!

デッキに戻った《運命のきずな》を回収するのに適しているのがこの2枚ですね(≧∇≦)

 《時を越えた探索》  《伝承の収集者、タミヨウ》

実質2マナで、デッキトップから7枚のうち好きな2枚を手札に加えることが出来る《時を越えた探索》

デッキトップから4枚を公開し、宣言したカードを全て手札に加えることが出来る《伝承の収集者、タミヨウ》

デッキに戻った《運命のきずな》を探し出すのにピッタリな効果ですね~

《魔性の教示者》や《首謀者の収得》のような直接探してくるカードも存在はしていますが

色が合っていないコストが重い、などの理由で相性は良くないのです・・・

 《魔性の教示者》    《首謀者の収得》

何故《魔性の教示者》では色が合っていないのか?《伝承の収集者、タミヨウ》は合っているのか?

その疑問の解答は《運命のきずな》のマナ・コストです

《運命のきずな》を唱え続け、追加ターンをプレイし続けるには《運命のきずな》の7マナは決して軽くありません

普通に7マナ貯めるためには、7ターンを消費する必要があります

MtGにおいて7ターンとは、相手を倒すには充分すぎる時間です

そこで白羽の矢が立つのが、緑のマナ加速ダメージ軽減の役割です

 《成長のらせん》      《花粉のもや》

《成長のらせん》はドローしながら、マナを加速することが出来ます

《花粉のもや》はアグロにはダメージ軽減として、コントロールにはドローと状況によって能力が変わる優秀な札です

 《荒野の再生》

自分のターンの終了時に、自分の場の土地を全てアンタップするエンチャント

インスタントを唱える場合は、能力誘発に土地からマナを出すことによって実質マナが2倍になる

これがあれば土地が4枚でも《運命のきずな》を唱えることが出来るのだ!

これらを駆使することによって《運命のきずな》を早めのターンに使いまわし、擬似的な無限ターンを得よう。

あとはインスタントであり、瞬足持ちクリーチャーと相性もいい《厚かましい借り手》や

土地でありながらクリーチャーとしてアタック出来る《伐採地の滝》などでじっくり相手のライフを削り取ろう

 《厚かましい借り手》    《伐採地の滝》

ループに入ると対戦相手はやる気がなくなり、対戦を放棄したくなるようなデッキだが

使っている側はめちゃくちゃ気持ちいいぞ!!

友人相手に使う場合は程々にしないと、縁を切られる危険もあるので注意が必要である

興味が出てきた方は是非使ってみよう!

ではまた次回お会いしましょう(≧∇≦)

 

 

 

 

※個人的な意見ではありますが、いつ禁止になってもおかしくないカードなので、使う場合は自己責任で後悔のないよう