カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
千葉中央店の 店舗ブログ

【遊戯王】チェーンってどういうこと?【初心者、復帰勢向け】

遊戯王において「チェーン」は他のカードゲームには無い特徴ではありますが、遊戯王が難しいと感じ、つまづきやすい部分の一つであると思います。(MTGのスタックとは良く似て非なる物です。)
今回もなるべく簡単に説明できるように頑張っていきたいと思います。

チェーンとは
「1枚のカードの発動に対応して別のカードを発動させる行為」のことをいいます。

効果(カード)を発動した場合、その効果を発動したプレイヤーは、必ず相手プレイヤーに「チェーン」するか・しないかを確認する必要があります。
(例1)
チェーン1…プレイヤーA「サイクロン」の発動
サイクロン 遊戯王

この時点では発動した効果の処理は行いません
相手が「チェーン」しなかった場合は、自分のカードを自分自身で「チェーン」することも可能です
最初に発動したカードを「チェーン1」とし、チェーン発動するごとにチェーン2、チェーン3…とチェーンブロックが積み上げられていきます。
(例2)
チェーン1…プレイヤーA「サイクロン」の発動
チェーン2…プレイヤーB「マジック・ジャマー」の発動
チェーン3…プレイヤーA「盗賊の七つ道具」の発動
マジック・ジャマー 遊戯王盗賊の七つ道具 遊戯王

こうして積まれていく効果の1つ1つを「チェーンブロック」と呼びます。
お互いに「チェーン」をしなくなった時最後に「チェーン」発動されたカードから逆順に効果の処理をしていきます。
(例2の処理)
まず始めにチェーン3の「盗賊の七つ道具」の処理で「マジック・ジャマー」の発動が無効になります。
次にチェーン2の「マジック・ジャマー」の処理ですが、先の「盗賊の七つ道具」の効果で不発に終わりました。
最後に「マジック・ジャマー」の効果で無効にされるはずだった、チェーン1の「サイクロン」の効果は無事処理され、フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚が破壊されました。

一度チェーンブロックを積み終わり逆順処理に入ったならば、「チェーンブロックを作る効果」はいかなるものであっても、そのチェーン処理が終了するまで割り込むことができないです。(MTGのスタックとは大きく異る所)

また、その一連のチェーンが全て終了したタイミングで、ルールによって全て同時に墓地へ送られるので、「チェーン処理の最中は魔法&罠ゾーンにこれらの使用済みカードは存在し続けている」ことになります。

チェーンを積むには、「スペルスピード」「優先権」等の幾つか存在するルールに従わなければならないですが、長くなると混乱すると思いますのでまた他の記事で記載する予定です。

今回のまとめ

「チェーン」とは
「1枚のカードの発動に対応して別のカードを発動させる行為」

お互いに「チェーン」をしなくなった時、最後に「チェーン」発動されたカードから逆順に効果の処理をする。

今後もこのような記事を書くと思いますが
サテライトショップ店舗でも初心者や復帰勢向けにティーチングや遊戯王の疑問にお答え出来るお店です!

→カードラボ千葉中央店
コナミ遊戯王サテライトショップ

カードラボ 千葉中央店 デュエルスペース

是非、皆さんのお越しをお待ちしています!

カードラボオンラインショップ