カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
名駅4F店の 店舗ブログ

【遊戯王】サンダードラゴンはなぜ強い?そのメカニズムを解説します!【2020/4/2更新版】

前回の記事はコチラ

【遊戯王】今日から強化されるカードたちを紹介【マスタールール改訂】

どうも、スタッフIです。

突然なんですが

【サンダー・ドラゴン】強いですよね。

 

私は普段はインフェルノイドをメインで使っているんですが、たまにサンダー・ドラゴンを使っているんです。

簡単に出せて強固な耐性を持った超雷龍での制圧や雷神龍での除去、相互サーチやリクルートもあって

一度立ち上がれば簡単には崩れないのが強みですよね。

 

CSなどの大規模な大会でも入賞しているサンダー・ドラゴン

というわけで、今回はサンダー・ドラゴンは何が強いのかを主観で語っていこうと思います。

 

サンダー・ドラゴンってどんなデッキ?

雷族モンスターで統一されたカテゴリーです。

所属するモンスターは光属性または闇属性です。

元々サンダー・ドラゴン自体はかなり昔からいるモンスターなのですが、

『SOUL FUSION』からカテゴリー化して大幅に強化を受けました。

メインデッキのモンスターの多くは手札から捨てることで発動する①の効果と

除外された、もしくは場から墓地へ送られた場合に発動できる②の効果を持ちます。

また融合モンスターが存在し、

普通に融合召喚する、もしくは特定の手順を踏むことで

融合魔法を使わずに展開することができます。

 

主なカード

雷電龍-サンダー・ドラゴン

①の効果で同名カードをデッキからサーチ、

②の効果で同名以外の『サンダー・ドラゴン』カードをサーチします。

②の効果で後述する雷鳥龍や雷龍融合をサーチすることで安定して後ろの展開につなげることができます。

①の効果は相手ターンでも使えるので自分が後攻の場合でも相手の先攻1ターン目にデッキ圧縮ができます。

 

雷鳥龍-サンダー・ドラゴン

①の効果で墓地か除外から同名以外のサンダードラゴンを特殊召喚。

②の効果で手札の入れ替えができます。

①の効果で呼び出すモンスターは効果処理時に決められる上に除外からも呼び出せるので

DDクロウで妨害されることがありません。

その上、後述する超強力な融合モンスターの召喚条件をこのカードの①の効果だけで満たせます。

②の効果も手札でだぶついたサンダー・ドラゴンを別の手札に変換してくれます。

現在制限カードです。

 

雷獣龍-サンダー・ドラゴン

①の効果で墓地か除外から同名以外のサンダー・ドラゴンカードを手札へ回収、

②の効果でデッキから同名以外のサンダードラゴンを呼び出せます。

②の効果がメインでデッキから雷電龍や後述する雷源龍を呼び出すことで展開をつなげながらさらに手札を補充できます。

①の効果も制限カードの雷鳥龍を手札に呼び戻せるので覚えておくと役に立つかも。

現在準制限カードです。

 

雷源龍-サンダー・ドラゴン

①の効果で場の雷族の打点強化、

②の効果で同名カードをサーチできます。

①の効果は雷神龍の効果を相手ターンに起動でき、②の効果は動きの安定に繋がります。

守備も2000あるのでやることがないときに壁にするだけでも強かったり。

 

雷刧龍-サンダー・ドラゴン

通常召喚できず、カオスシリーズと同じ条件で特殊召喚できます。

手札からモンスター効果が発動すると打点強化、

相手モンスターを戦闘で破壊すると墓地のカードを1枚除外してデッキから雷族をサーチ、

相手ターンのエンドフェイズに除外されている自分の好きなカードをデッキトップかボトムに仕込めます。

特に強力なのが最後の効果で、仕込むカードにはなんの指定もないので

ハーピィの羽根箒や灰流うららも仕込めます。

相手が魔法罠を伏せてターンを終了したならハーピィの羽根箒をトップに仕込んでそのままドロー→発動して場を一掃なんてことも!

除外も自分の効果であらかじめ仕込めます。

ヤバいですね☆

 

天雷震龍-サンダー・ドラゴン

通常召喚できず、手札から雷族モンスターの効果が発動したターンに

手札か場からレベル8以下の雷族モンスターを除外することで特殊召喚できます。

①の効果で自分の墓地からサンダー・ドラゴンを含むカード2枚を除外することで

自分の雷族モンスター1体に対象にならない耐性を付与し、

②の効果で自分ターンのエンドフェイズにサンダー・ドラゴンカード1枚を墓地へ送れます。

①の効果で墓地のサンダードラゴンの効果を起動させることができ、

②の効果で雷龍融合を墓地へ送っておくことで

デッキから好きなサンダー・ドラゴンをサーチする用意をしておけます。

 

攻撃力は雷刧龍を上回り、メインデッキのサンダー・ドラゴンの中では最大の3000!

このカードの登場によって雷獣龍や雷鳥龍がなくても雷族モンスターが立つようになり、

超雷龍に繋げやすくなりました。

 

雷龍融合

①の効果で場、墓地、除外の中から素材をデッキに戻して雷族の融合モンスターを融合召喚、

②の効果で墓地の自身を除外してデッキから雷族モンスターをサーチできます。

前述した雷刧龍との相性がとてもよく、このカードを除外してあちらをサーチでき、あちらの効果で除外したこのカードをデッキに戻すことで何度でも使い回すことができます。

①の効果で融合しながらデッキに戻すことで制限カードの雷鳥龍や超雷龍を使い回すことができます。

先述したループがあるのでこのカードと雷族の融合モンスターがある限り

サンダー・ドラゴンのリソースが尽きることはありません。

②の効果でサーチするモンスターはサンダードラゴンじゃなくてもいいので

『太陽電池メン』や『電光-雪花』をサーチすることもできます。

 

超雷龍-サンダー・ドラゴン

サンダー・ドラゴンが強デッキたる所以とも言える融合モンスターです。

普通に融合召喚するか、手札から雷族モンスターの効果が発動したターンに

場の融合モンスター以外の雷族モンスターをリリースすることで融合召喚できます。

場にいる限り相手のドロー以外でのデッキからのサーチを封印、

戦闘・効果破壊される代わりに墓地の雷族モンスター1体を除外できます。

この耐性がとにかく強固で、ただ破壊されるのを防げるどころか

サンダードラゴンたちを除外すればそちらの②の効果のトリガーになります。

現在制限カードです。

 

雷神龍-サンダー・ドラゴン

サンダー・ドラゴンモンスター3体で融合召喚するか、

自分の場の雷族融合モンスターと手札の雷族モンスター1体を除外することで特殊召喚できます。

除外されたモンスターを一気に3枚回収できるので基本的には雷龍融合で呼ぶことが多いです。

手札から雷族モンスターの効果が発動すると場のカード1枚を

『対象を取らずに』破壊

自身が効果破壊される場合、代わりに墓地のカード2枚を除外できます。

3000を超えるステータスで戦闘に強く、戦闘で勝てなくても①の効果で除去できます。

実はこの①の効果、相手の雷族モンスターの効果が手札から発動しても起動できます。

ミラーマッチだと雷神龍が3回ぐらい除去効果を発動するなんてことも。

 

基本的な動き方

手札からサンダー・ドラゴンたちの効果を発動、場に雷族モンスターを呼び出してそのまま超雷龍を呼び出します。

超雷龍を呼び出すためには手札から雷族モンスターの効果が起動すればいいので

早い話が雷鳥龍の①の効果を起動すれば条件を満たせます。

雷鳥龍は雷電龍の効果で手札に加えることができるので相性のいい『孤高除獣』や『闇の誘惑』、『封印の黄金櫃』などで積極的に除外して②の効果の発動を狙っていきましょう。

雷鳥龍がすでに手札にいるなら太陽電池メンなどの効果で他のサンダードラゴンをあらかじめ墓地へ送っておくのもいいですね。

こうして立てた超雷龍で手札と場を固め、雷神龍で場を崩しながら高打点で攻めるのが

【サンダー・ドラゴン】というデッキです。

強力な2種類の融合モンスターが簡単に出せる上、雷刧龍や雷龍融合のおかげで一度崩されてもほとんど息を切らさずに立て直せるリソース力がこのデッキ最大の長所です。

超雷龍のサーチ封じが多くのデッキに対して有効で、さらに前述した場もちの良さも相まって破壊以外の除去が使えないデッキだとなかなか突破できません。

 

以上が個人的にサンダー・ドラゴンの強いと思うポイントになります。

今後登場するカード次第ではもっと活躍できそうですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

フォローしてね