カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
名駅9F店の 店舗ブログ

【名駅9F店】(ルーンの)壁の小話(MTG)

皆さん、こんにちは。新人(仮)の鵜飼です。
本日もご来店ありがとうございます!

本日もMTGのちょっとして小話をさせていただきます。
本日は・・・「壁です。

MTG初心者の方と対戦していると
幽体の船乗り」と「ルーンの壁」の対処の仕方が難しいとよく言われます。

幽体の船乗り」は、瞬速持ちなので、
相手ターン中に「飛行」持ちに対しても有効に使えるカードで、
相討ちまたは、ライフへのダメージ軽減として使用しながら
コストを払ってドローを稼ぐことができる。まさに、計算を狂わせるカードの1つとなります。
こちらは、使われると自分自身でもかなり苦戦することがあるので、なかなか要注意なカードと思っております。

では、本日の本題である「壁」は、どんな能力かというと
出たときに、占術1を行う・・・
殴れない壁です。
殴れない壁なんです。

ルーンの壁」は、青1マナで唱えれる0/4の壁なんですが、
1つ目の壁4の体力が超えられない。
2つ目の壁が「相手は、自身のクリーチャーを1体選んで破壊する」呪文関連で、避雷針となってしまう。
MTG初心者がよくぶつかるですね。
私もこういう壁は、よく使われてかなり苦しみました。(一番最初のデッキが、赤単速攻だったので)
今は、門コントロールのライフ軽減の源として、お世話になっております。

MTG初心者がぶつかるということで、
「壁デッキを作ろうかな?」と最近は、考えております。
フォーマットは・・・ほぼ全部の壁を入れたいので、レガシーかカジュアルかなと。

壁デッキの勝ち方は、特殊勝利などを考えておりましたが・・・。
こちらのクリーチャーを使えば・・・殴ることもできるかなと

さまよう砦
コストは、重いものの次のターンから殴れる
『アーティファクト・クリーチャー―

個人的には、壁じゃないような気もしますが・・・。壁クリーチャーなので、許して下さい。

あとは、「壁トークン」というものもいくつかありまして、スタンダードでも使える壁トークンを出すためには、こちら

盾魔道士、テヨ
-2すると「壁トークンが出せる」以上
これで、壁トークンを並べて・・・眺めましょう

今回は、ちょっとした壁の小話となりましたが、
「ルーンの壁」は、処理ができないデッキにとっては、本当に苦しいカードとなりますので、
サイドあたりに、除去カードを2,3枚採用するのものありかもしれませんね。

明日(11/25)の大会は、

18:30~
・VG非公認大会
19:00~
・白猫TCGフレンドミーティング
・リセ公認大会
を開催予定です。

明日も皆様のご来店お待ちしております。