カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
広島店の 店舗ブログ

FF-TCG OpusⅪ~ソルジャーの帰還~ 新カード公開!【11-107C】イザヨイ

毎度!FF-TCG担当テートクです!o(゚▽゚)/オイッス-!!

11月から始まったOpus10環境も早いもので約4ヶ月…あっという間だったように感じます。
上位の多くは火土WOFFが猛威を奮った環境でしたが
WOFF

氷単
ヴァン
風単
モンスター
ランペール
多色ウネコン
と結構な種類のデッキタイプが存在してましたね!
さて、そんなOpus10環境も終わりを迎え、Opus11環境の始まりです!
とても光栄なことに、今回も新カードを1枚ご紹介させて頂ける事になりました!

今回皆様にご紹介するカードはコチラ!

『ファイナルファンタジーⅣ THE AFTER 月の帰還』出典キャラクターのピクトロジカ版
『11-107C イザヨイ』

水属性/3コスト/フォワード/7000
イザヨイがフィールドに出たとき、対戦相手のコントロールするフォワード1体を選ぶ。
それのコストがあなたのコントロールする【ジョブ(忍者)】と【カード名(忍者)】を合わせた数以下の場合、それを手札に戻す。
水:このターン、次にイザヨイにダメージが与えられる場合、代わりにそのダメージは2000減る。

自分が忍者を多くコントロールしているほど対象の幅が広がるオートアビリティと、次に受けるダメージを2000減らしてくれるアクションアビリティを持ちます。

アクションアビリティの方はコストも水1だけと軽く、次に受けるダメージを2000軽減してくれるのでパワー8000のフォワード相手でもにらみ合いが出来るのは強み。
バックアップの【1-171H】ミンウと合わせコストを確保できればなかなか厄介なブロッカーになりそうです。

オートアビリティは自分の【ジョブ(忍者)】と【カード名(忍者)】の数を参照にするので、ある程度デッキの内容を忍者で固める方が使いやすくなります。
そのため、忍者の種類が多くバックアップでも忍者を用意できる、風属性雷属性と合わせた混色デッキなんかは良さそうです。

もしくは同じ水属性の【7-118C】忍者と合わせて火属性の【5-017C】忍者や、忍者の展開補助をする【3-010R】ゲッコウを使うのも手。ただ火属性も決して忍者の種類は多くないので悩みどころ。

 

現在、Opus11にはすでに【11-045H】エッジという【ジョブ(忍者)】のカードが公開されています。

忍者を出すためのコストを1下げて、好きな属性のCPで出せるようになる忍者デッキの要になりそうなカードです。フォワードなのであまり過信は出来ませんが、色を無視して出せるのは強み。

また、イザヨイと同じFF4TAの忍者組であるゲッコウ・ツキノワ・ザンゲツも新カードが公開されています

更にFFLのマイナが忍者サーチのバックアップとして登場するので忍者デッキ…イケるかもしれません。

以上、Opus11の新カード【11-107C】イザヨイのご紹介でした!
既に国内・国外からOpus11の情報が出回りつつあり、注目されるカードも増えていると思います。
個人的に気になるカードもいくつかありますが、上手くデッキに落とし込めるかどうか…(-_-)

昨今、新型コロナウィルスの影響で色々な事に影響が出ておりますが、細心の注意を払いながらOpus11環境を楽しんでいきたいと思います。
もしどこかの大会で対戦することがあればその時は宜しくお願い致します!

でわでわ、FF-TCG担当テートクでした~!
【★☆マタネー♪☆★】・ω´・+)ノ))ブンブン♪