カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
広島店の 店舗ブログ

【WIXOSS】リンカーネイションの新カード紹介!(LR編)

毎度!WIXOSS担当テートクです!o(゚▽゚)/オイッス-!!

いよいよ来週発売のWIXOSS最新弾『リンカーネイション』、公式Twitterでも続々と収録カードが公開されてますね!
今回も収録されるカードの一部を抜粋してへっぽこプレイヤーである自分が色々と考察してきたいと思います!

今回はLRのカード6種を見ていきましょう!

1枚目は白のアーツ『プリンセス・ディフェンス』

白1無1の2コストアーツ

以下の2つを行う。
①このターンに対戦相手がアーツかスペルを使用していた場合、このターン、ルリグアタックステップをスキップする。
②あなたのルリグデッキにあるコストの合計が2以上のアーツ1枚をゲームから除外してもよい。そうした場合、このターン、シグニアタックステップをスキップする。

イラスト激アツプリンセス!()
効果としては『アイドル・ディフェンス』のリバイバル版で、初期コストが軽くなった代わりに条件を満たさないと効果が発揮できなくなった。
①の効果は完全に相手依存で、相手がスペルやアーツを使ってこないと効果なし。華代などには比較的使えるタイミングはありそうだが…環境次第で評価が割れそう。
②の効果は自分のコスト2以上アーツを除外しなくてはならないので、実質アーツを2枚使ってのシグニアタックスキップ。コストの縛りが無ければ『棘々迷路』などのクラフトアーツや『セレクト・ハッピー5』などのアンコールアーツを除外する事で使用出来たが、流石にそれは許されなかったため、①の効果も含めてやや使いにくいアーツになってしまった印象。もちろんその分効果は強力ではある。
『黒鍵の巫女 タマヨリヒメ』+『インサイダー・サルベージ』を採用しているデッキにはオススメかも?

 

2枚目は赤のアーツ『四炎楚歌』

赤2無2の4コストアーツ

このアーツはあなたのルリグのレベルが4以上の場合にしか使用できない。
以下の4つを行う。
①対戦相手のシグニ1体をトラッシュに置く。
②対戦相手のライフクロス1枚をトラッシュに置く。
③対戦相手のエナゾーンからカード1枚をトラッシュに置く。
④対戦相手のルリグの下からカード1枚をルリグトラッシュに置く。

面空け・ライフ削り・エナ焼き・エクシードメタの4つの効果で4コストは流石に破格。
メインフェイズにしか使えないので守りには使えないものの、攻めのアーツとしてはキーセレ屈指の性能。
『ホーリー・グランドスラム』を使えばアタックフェイズでも使えるゾ!(対戦相手に使われる可能性も…)
エナの色?『黒鍵の巫女 タマヨリヒメ』『サポーター 鈴原るる』で誤魔化せば大丈夫、るるならにじさんじでも使えます!

 

3枚目は青のアーツ『ロック・ユアハート』

青1の1コストアーツ

このアーツは対戦相手のターンにしか使用できない。
以下の2つから1つを選ぶ。
①このターン、対戦相手のアーツとスペルを使用するためのコストは[無][無][無]増える。このアーツをルリグデッキに戻す。
②このターン、対戦相手は自分のルリグより低いレベルを持つシグニでアタックできない。

①の効果は元祖『ロック・ユー』のリバイバル版とも言える性能。対戦相手のターンでしか使用できないので、スペルカットイン以外ではほとんど意味をなさず、攻撃時の最後の蓋にすることも出来ない。先程の『プリンセス・ディフェンス』同様相手を選ぶ効果。
②はルリグよりもレベルの低いシグニがアタックできなくなるので、ほとんどの場合で最低でも1面防御になる。例えば『カーニバル †MAIS†』がレベル4シグニ3体出していれば1コストで全部止まる。もちろんMAISに限った話ではないが…。
『プリンセス・ディフェンス』よりは若干マイルドになっている分採用しやすいかもしれない。

 

4枚目は緑のアーツ『大器晩熟』

緑4無4の8コストアーツ

対戦相手のすべてのシグニをゲームから除外する。あなたのルリグのレベル1にき、対戦相手のエナゾーンにあるカードを1枚までゲームから除外する。

どうしてこれをリバイバルしたのか…。
8コストで最大シグニゾーン3枚+エナ4枚の7枚を除外する大技。『四炎楚歌』同様メインフェイズのみだが、タイミング次第でエナがなくなる+3面空きなので防御アーツが使えずリーサルになる。
なんというかあまり語ることがない。強い、以上。

 

5枚目は黒のアーツ『オリジナル・サプライズ』

黒1無2の3コストアーツ

各プレイヤーは自分のデッキの上からカードを5枚トラッシュに置く。その後、あなたは以下の2つから1つを選ぶ。あなたのトラッシュにカードが25枚以上ある場合、代わりに2つまで選ぶ。
①あなたのトラッシュからレベル3以下のシグニ1枚を場に出す。
②ターン終了時まで、対戦相手のすべてのシグニのパワーを対戦相手のルリグのレベル1につき、-2000する。

①の効果は3コスト以下になった『グレイブ・アウェイク』。出現時効果も起動するので、除去性能をもつシグニを出せば2面防御につながる。
②の効果は対戦相手のすべてのシグニのパワーを対戦相手のルリグのレベル×-2000する。基本的にはそのルリグよりレベルの低いシグニは大体これでパワーが0になってバニッシュされるという認識でOK。そのためレベル4以上のシグニ相手にはもう一つ何か手段がほしい。
トラッシュにカードが25枚以上あれば両方とも選べるのでカードパワーが上がるが、デッキ40枚のうち25枚がトラッシュにある状況は意識しないと作り出すのは難しいので注意。

 

6枚目は白黒のキー『対局の選択 タマVSウリス

コイン2枚のキー

【常】:あなたのルリグは以下の能力を得る。
【起】【アタックフェイズ】エクシード2:ターン終了時まで、対戦相手のルリグ1体とシグニ1体は「アタックできない。」を得る。対戦相手は自分のトラッシュからシグニを1枚まで手札に加える。]
【起】【アタックフェイズ】エクシード2:対戦相手のシグニを2体まで手札に戻す。対戦相手は自分のトラッシュからあなたが選んだカード1枚をライフクロスに加える。]
【自】(ターン1):ルリグ1体がアタックしたとき、そのアタック終了時、そのアタックがすべて【ガード】されていた場合、そのルリグをアップする。

2種類のエクシード付与とルリグアタックガードされたらルリグがアップする効果をもつ。
2種類のエクシードはどれも2点分の防御につながるが、代償として対戦相手にトラッシュ回収か1点回復というデメリット効果もある。
自動効果のルリグアップはすべてのアタックがガードされた場合のみアップする。例えば『応援の駄姫 グズ子』でダイレクトを使用していた場合、3点分すべてがガードされた時にアップできる。
『炎真爛漫』と組み合わせると、宣言した数字以外でガードされてもアップして再度攻撃が出来るので相性は良さそう。

 

以上、ざっとした個人的な所感も踏まえたお話しでした!
今回は全体的にカードパワーが高く、キーセレ環境が大荒れになりそうな予感がひしひしと…!
テキストを読むだけと実際に使ったみるのとではまた感じるものが違うと思うので是非色々試してみてね!

そんなWIXOSS最新弾『リンカーネイション』は5/30(土)発売です!

でわでわ、WIXOSS担当テートクでした~!
【★☆マタネー♪☆★】・ω´・+)ノ))ブンブン♪

 

当店Twitterのフォローも宜しくお願い致します!

カードラボオンラインショップ