カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
サテライト名古屋店の 店舗ブログ

【遊戯王】新時代のバーンデッキに超進化!?『LIVE☆TWIN トラブルサン』を使用したイビルツインはどう変わる?


どうも、スタッフIです。
今回は本日発売の『DAWN OF MAJESTY』で登場した新規カード『LIVE☆TEIN トラブルサン』とそれを使用したイビルツインデッキについて解説したいと思います。

LIVE☆TWIN トラブルサン

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、 デッキから「ライブツイン」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドに「イビルツイン」モンスターが存在する限り、 相手がモンスターを召喚・特殊召喚する度に、自分は200LP回復し、相手に200ダメージを与える。

これ、相当強いこと書いてありますよね。

まず強いポイントですが
『シークレットパスフレーズでサーチできる初動カード』なんですよね。
これまでもパスフレーズは初動になっていたんですがその際にパスフレーズ→エントランスと繋げると手札コストが1枚必要になるので実質2枚初動になっていました。
それが今回から手札コスト不要のサーチカードを持ってこれるようになったので正真正銘の1枚初動になりました。

こちらはエントランスと比較すると手札コストが不要で発動後に展開に関する制限も付きませんが代わりに通常召喚権を使います。

そしてもう1つ重要なのが『ライフ削り役になれるカード』でもあるということです。
イビルツインはライフを削るのが遅いという立ち回り上の欠点があったのですがこのカードはそれを緩めの条件で補ってくれます。
200ダメージは一見すると微々たる量に見えるかもしれませんがこのダメージにはターン1などはありません、相手がモンスターを展開するたびにLPを奪います。
『○○するたび200ダメージ』の強さは過去にトリックスターが実証してくれています。
さらに自分が回復するというありがたいおまけもついてきます。

展開系のデッキであれば『盤面を並べきったころにはもうLPが尽きる寸前』なんてことにもなりかねません。
逆に手数が少ないデッキだと思うようにダメージが伸びませんがLP回復も兼ねているので無駄にはならないです。

このカードの発動は1ターンに1度の制限がありますがターンを跨げばまた発動でき、効果は重複するのでさらにダメージは加速します。

これはもう立派なバーンデッキですね。
イビルツインはこれからバーンダメージ主体のデッキへシフトしていくのでしょうか……

以上、スタッフIの新規カード紹介でした!

 

フォローしてね

イベント情報

終了

小倉店 他8店舗

2020.09.18

終了

Discord カードラボオンラインデュエルスペース

2020.05.20