カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
なんば2号店の 店舗ブログ

【MtG】ついに春発売のチャレンジャーデッキが公開されましたねというお話

世界選手権2019真っ只中ですね。今年は一体何が優勝するのでしょうか?

どうも!MtG担当見習いです。

今回は公式より発表されたチャレンジャーデッキ2020について少しお話して行きたいと思います。

 

今回チャレンジャーデッキとして登場したアーキタイプは

ジェスカイファイアーズ(火炎の連携)

ゴルガリアドベンチャー(最後の出来事)

③赤単《災厄の行進》(行軍の猛攻)

④シミックフラッシュ(刹那の蛮行)

の4つとなります。デッキレシピは書き出すと長くなるのと公式サイトの方に乗っているので割愛します。

パッと見た感じ一番初心者にとって使いやすく且つ強いのは③の赤単《災厄の行進》ですかね?

エンバレスの宝剣が1枚しか投入されていないですが《災厄の行進》以外の重要なパーツである《朱地洞の族長、トーブラン》や《砕骨の巨人》、《炎の侍祭、チャンドラ》などのカードがバッチリ投入されているのでデッキとしての完成度が高く、戦い方もシンプルなのでここから始めたい方はまずこれを触ると良いんじゃないかなと思います。

②のゴルガリアドベンチャー④のシミックフラッシュはどっこいどっこいなのかなと思います。

スタックの概念出来事の処理など少し難しい部分が増えるのでここから始めるっていう方には向かないのかなと思います。買い足すパーツも結構多いですし。

主にこの辺。震えますね。

なので少し慣れてきた方が次の段階にステップアップするために買うといいと思います。スタックの真髄に迫ってゆくのじゃ(老人)。

①のジェスカイファイアーズは言えることが一つです。

なんで《時を解す者、テフェリー》が一枚も入ってないのかということです。

これはなにかの暗示なんですかね?具体的には禁止されるみたいな感じで。

冗談はさておき①に関しては強いて言うならショックランドと《轟音のクラリオン》、《覆いを割く者、ナーセット》がちゃんと枚数積まれていることが評価できる部分ですね。

 

以上を総括すると一番買うべきなのは赤単ってことです。

ではでは。また次回お会いしましょう!