カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
岡山西口店の 店舗ブログ

裏サイバー流強化!《サイバー・ダーク》デッキレシピ紹介

こんにちは遊戯王担当です!

今日は【ストラクチャーデッキ サイバー流の後継者】を使用した《サイバー・ダーク》デッキの紹介をします!

 

今回のストラクに収録されている新規カードの紹介から

《サイバー・ダーク・キメラ》

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「パワー・ボンド」1枚を手札に加える。
このターン、自分はドラゴン族・機械族の「サイバー」モンスターしか融合素材にできず、
自分が融合召喚する場合に1度だけ、自分の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
同名カードが自分の墓地に存在しない「サイバー・ダーク」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。

 

なんと《パワー・ボンド》が探せます!

サイバー・ダークでもサイバードラゴンでも使いやすいカードです!

 

《アタッチメント・サイバーン》

このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのドラゴン族・機械族の「サイバー」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードを装備したモンスターの攻撃力は600アップする。
(3):モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地のドラゴン族・機械族の「サイバー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

場か手札からドラゴン族・機械族のサイバーモンスターに装備できるのでサイバー・ダークの打点上げにも使えます!

装備状態のこのカードが墓地に送られたら、墓地のドラゴン族・機械族のサイバーモンスターを特殊召喚できます!

自身がドラゴン族のサイバーモンスターなのもいいところです!

《サイバネティック・ホライゾン》

このカードはルール上「サイバーダーク」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は機械族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):手札及びデッキからそれぞれ1体ずつ、ドラゴン族・機械族の「サイバー」モンスターを墓地へ送って発動できる(同じ属性は1体まで)。
デッキからドラゴン族・機械族の「サイバー」モンスター1体を手札に加え、
EXデッキから機械族の「サイバー」融合モンスター1体を墓地へ送る。

サイバネティック魔法カードなので《サイバー・ドラゴン・コア》でデッキから手札に加える事ができて、

サイバーダーク魔法カードとしても扱うので《サイバー・ダーク・クロウ》でも加えれます!

サーチ方法優秀すぎでは?

場合1 手札からサイバー・ダークモンスター(闇)+デッキからサイバーモンスター(光)+エクストラデッキからサイバー・エンド・ドラゴン(鎧黒竜サイバー・ダーク・ドラゴンでも◯)は可能

場合2 手札からサイバーモンスター(光)+デッキからサイバー・ダークモンスター(闇)+エクストラデッキからサイバー・エンド・ドラゴン(鎧黒竜サイバー・ダーク・ドラゴンでも◯)も可能

手札からサイバー・ダークモンスター(闇)+デッキからサイバーモンスター(闇)等、同じ属性のモンスターは落とせないので注意が必要です!

《サイバーダーク・ワールド》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
同名カードが自分の墓地に存在しない「サイバー・ダーク」モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚する。
(3):「サイバー・ダーク」モンスターの召喚・特殊召喚成功時に発動する自身の効果で、
自分が自分の墓地からモンスターを装備する場合、
代わりに相手の墓地から装備する事もできる。

《炎舞-「天璣」》と《炎舞-「天枢」》かなぁ…

(1)で手札に加えたサイバー・ダークモンスターを召喚できるのは強すぎでは?

《エターナル・サイバー》

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の機械族の「サイバー」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをEXデッキに戻すか召喚条件を無視して特殊召喚する。
(2):自分フィールドの機械族の「サイバー」融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

サイバー融合モンスターの特殊召喚ができる速攻魔法…速攻魔法って強いなぁ…

しかし一度融合召喚しているモンスターしか特殊召喚できないので、注意!

自分の場のサイバー融合モンスターが破壊される身代わりにもなれるのでおすすめです!

《サイバーダーク・インヴェイション》

(1):1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
「サイバーダーク・インヴェイジョン」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない。
●自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスター1体を対象として発動できる。
自分・相手の墓地からドラゴン族・機械族モンスター1体を選び、
攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
●機械族モンスターに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

《鎧皇竜-サイバー・ダーク・エンド・ドラゴン》

「鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン」+「サイバー・エンド・ドラゴン」
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●「サイバー・エンド・ドラゴン」を装備した自分のレベル10以下の
「サイバー・ダーク」融合モンスター1体をリリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードは相手が発動した効果を受けない。
(2):1ターンに1度、発動できる。
自分・相手の墓地のモンスター1体を選び、このカードに装備する。
(3):このカードは、このカードの装備カードの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

 

今回のストラクチャーデッキでかなり強化された《サイバー・ダーク》ぜひ組んでみたい方いかがでしょうか?

 

フォローしてね