カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
岡山西口店の 店舗ブログ

【遊戯王】『アンチスペル フェスティバル』対応「霊獣」デッキ紹介【マスターデュエル】

本日は『マスターデュエル』で開催中の『アンチスペル フェスティバル』で私が使用している「霊獣」デッキをご紹介します!

「霊獣」デッキとは

「霊獣」カテゴリには「霊獣使い」「精霊獣」とそれらの融合体である「聖霊獣騎」という3種類のモンスターが属しています。
「聖霊獣騎」モンスターは融合魔法を必要とせず、フィールドの「霊獣使い」と「精霊獣」を除外することで特殊召喚することができます。
そのため『アンチスペル フェスティバル』で使用できる数少ない融合テーマとなっています。

「聖霊獣騎」の中でも特に重要になるのが《聖霊獣騎 カンナホーク》です。


①は除外されている「霊獣」カード2枚を対象に発動でき、そのカードを墓地に戻すことでデッキから「霊獣」カードをサーチする効果、②は「聖霊獣騎」の共通効果で、自身をEXデッキに戻して除外されている「霊獣使い」と「精霊獣」を特殊召喚する効果です。
そして「霊獣」デッキを使う上で最も重要なのが《聖霊獣騎 カンナホーク》の①にチェーンして②を使うテクニックです。
例として除外ゾーンに《霊獣使いの長老》《精霊獣 カンナホーク》《精霊獣 ラムペンタ》の3枚が存在するとしましょう。
まず《騎カンナホーク》の①を《長老》と《ラムペンタ》を対象に発動、それにチェーンして効果②を《長老》と《カンナホーク》を対象に発動します。
するとまず②が処理され《長老》と《カンナホーク》が特殊召喚され、その次に効果①が処理され除外ゾーンに残っている《ラムペンタ》を墓地に戻して「霊獣」カードをサーチします。
これは《騎カンナホーク》の①で対象に取ったカードのうち片方がすでに存在しない場合でも、残りのカードを墓地に戻してサーチ効果を使用できるという裁定を利用したものです。
このテクニックによって除外ゾーンのカードを節約しながら融合・分離を繰り返し、サーチ効果を何度も使うことでアドバンテージを稼いでいくのが「霊獣」デッキの基本となります。
なお「聖霊獣騎」の②による無限ループ防止のため「霊獣使い」「精霊獣」には同名カードを1ターンに1度しか特殊召喚できないという制限が付いています。
そのため、融合・分離を繰り返すためには多くの種類の「霊獣使い」「精霊獣」を採用する必要があります。

基本的な妨害は《騎カンナホーク》からサーチできる《霊獣の連契》で、自分フィールドの「霊獣」モンスターの数までモンスターを選んで破壊することができます。
これに「聖霊獣騎」の②や《霊獣の騎襲》を組み合わせることで大量のモンスターを除去することができます。

デッキレシピ

アンチスペル フェスティバル』では《ハーピィの羽根帚》や《ライトニング・ストーム》といった除去カードが使えないため、罠カードが非常に強力になっています。
今回のデッキでは「霊獣」の基本的な型に加えて《激流葬》《神の警告》《神風のバリア-エア・フォース-》などの優秀な罠カードを多く採用し、相手の罠カードの対策としては《ダイナレスラー・パンクラトプス》《砂塵の大嵐》を採用しています。

展開例

・《霊獣使いの長老》+《精霊獣 カンナホーク


長老》を召喚し、効果で《カンナホーク》を召喚
→《カンナホーク》効果でデッキから《ラムペンタ》を除外
→《長老》と《カンナホーク》を除外して《騎カンナホーク》を特殊召喚
→《騎カンナホーク》①を《長老》と《ラムペンタ》を対象に発動、チェーンして②を《長老》と《カンナホーク》を対象に発動
→《長老》と《カンナホーク》を特殊召喚し、《レラ》をサーチ
→《カンナホーク》効果でデッキから《アペライオ》を除外
→《長老》と《カンナホーク》を素材に《キムンファルコス》をリンク召喚
→《キムンファルコス》②で墓地の《カンナホーク》を除外して《レラ》を召喚
→《レラ》効果で墓地の《ラムペンタ》を蘇生
→《ラムペンタ》効果でEXから《キムンファルコス》を除外し、《ウィンダ》を墓地へ
→《レラ》と《ラムペンタ》を除外して《騎カンナホーク》を特殊召喚
→《騎カンナホーク》①を《レラ》と《ラムペンタ》を対象に発動、チェーンして②を《レラ》と《アペライオ》を対象に発動
→《レラ》と《アペライオ》を特殊召喚し、《連契》をサーチ
→《アペライオ》効果で墓地の《ウィンダ》を除外
→《レラ》と《アペライオ》を除外して《騎カンナホーク》を特殊召喚
→《騎カンナホーク》①を《キムンファルコス》と《カンナホーク》を対象に発動し、《騎襲》をサーチ

最終盤面:《聖霊獣騎 キムンファルコス》+《聖霊獣騎 カンナホーク》+《霊獣の連契》+《霊獣の騎襲

レラ》《連契》《騎襲》のうちいずれかを引けている場合は最後の《騎カンナホーク》の代わりに《I:Pマスカレーナ》をリンク召喚することで、破壊耐性持ち《双穹の騎士アストラム》などを出すこともできます。

最後に

以上、『アンチスペル フェスティバル』対応「霊獣」デッキの紹介でした。
「霊獣」はやや古いテーマなので普段のランクマッチで使うのは難しいですが、今回のイベントとは噛み合っていてわりと戦えるので「霊獣」好きとしては嬉しいところです。
皆さんも推しテーマをフェスで試してみてはいかがでしょうか?

フォローしてね

ゲーマーズ 春の推し活応援フェア!2024
ゲマくじ

月間アーカイブ

取扱タイトル

関連する開催予定大会情報

開催日時 タイトル 大会名 店舗名 人数 開催種別 参加料 備考
2024.04.17(水)16:00 公認 遊戯王OCG 【遊戯王OCG】ランキングデュエル(マッチ戦) 岡山西口店 16名 スイスドロー 無料
2024.04.18(木)18:00 公認 遊戯王OCG 【遊戯王OCG】ランキングデュエル(1デュエル戦) 岡山西口店 16名 スイスドロー 無料
2024.04.24(水)16:00 公認 遊戯王OCG 【遊戯王OCG】ランキングデュエル(マッチ戦) 岡山西口店 16名 スイスドロー 無料
2024.04.25(木)18:00 公認 遊戯王OCG 【遊戯王OCG】ランキングデュエル(1デュエル戦) 岡山西口店 16名 スイスドロー 無料
2024.04.27(土)15:00 公認 遊戯王OCG 【遊戯王OCG】遊戯王の日 岡山西口店 16名 フリー対戦 商品代 遊戯王ニューロン必須。