カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
岡山西口店の 店舗ブログ

【遊戯王】A宝玉獣デッキ紹介【ANIMATION CHRONICLE 2022】

どうも、宝玉獣が大好きな某遊戯王担当です。
今回は今度発売されるANIMATION CHRONICLE 2022に収録される【A宝玉獣】についていろいろ書いていきたいと思います。
楽しみ過ぎてデッキレシピ考えてみたので最後に載せました。ぜひ参考にしてみてください。

まず【A宝玉獣】の共通効果として
・フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
・表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
の2つが存在します。破壊されると魔法&罠ゾーンに残るのは従来の宝玉獣と一緒ですね。

また、それぞれの固有効果はもとになった宝玉獣とも関連するような効果を持っています。
中でも特に注目したいのが4枚あります。

①ルビー

元のルビーカーバングルは自身が特殊召喚されたときに魔法罠ゾーンの宝玉獣を全部特殊召喚する効果で大量展開をしていくカードになっていましたが、惜しむべきは「宝玉の契約」のようなほかのカードでルビーを特殊召喚しないと効果をはつどうできませんでした。
A宝玉獣のルビーはなんと自身の効果で特殊召喚できます。もちろん、もとになったルビーの効果も受け継いでおり、ほかのA宝玉獣を魔法&罠ゾーンから連れてくる効果はそのままです。非常に使いやすくなっていますね。

②コバルト

正直元のコバルトイーグルの採用はあまり多くなく、自分の宝玉獣をデッキトップに戻す効果で用途としては《宝玉獣サファイア・ペガサス》の使いまわしを狙うくらいでしたが、なんとA宝玉獣になるとデッキから《アドバンスド・ダーク》をサーチしてこれるようになりました。自信を墓地に送り宝玉獣のカウントを増やし、【A宝玉獣】必須カードをサーチしてこれるのは非常に強力です。
また、もとのコバルトと違い、バウンス場所がデッキトップか手札の2択になり、召喚権さえ余っていれば後述する《A宝玉獣サファイア・ペガサス》をそのターン中に使い回すこともできるようになり、使い勝手がよくなりました。

③トパーズ

元のトパーズは戦闘時のみ自分の攻撃力を400アップする効果でした、もとの打点が1600あるので自身の効果と合わせて当時は破格の下級2000アタッカーだったのですが、現代遊戯王においては正直なところパワー不足が否めませんでした。
これがA宝玉獣になると、自分だけではなく味方の宝玉獣すべての攻撃力を400アップし、相手の攻撃力を400ダウンさせるという永続効果に変わりました。これによりサファイアが永続的に2200になるため、2600ラインのモンスターを狩りに行けるようになりました。(ネオスの打点が2500なので、一方的に倒せるようになったのはなんかちょっとエモいですね)もちろん、こちらのこうかは重複するので、2枚あればさらに戦闘には強くなります。

④サファイア

元のサファイアも宝玉デッキでは必須でしたが、A宝玉のほうではさらに強力になりました。宝玉獣の弱点であった除外ゾーンにまで手を伸ばせるようになったので、ふいに《D.D.クロウ》や《墓穴の指名者》などで除外されてもこのカードで魔法&罠ゾーンに戻せるので「究極宝玉神」が出ない!!なんてことは少なくなりました。《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》の特殊召喚コストで除外されたカードも戻せるので、さらに展開もねらえるようにもなりました。
また、このカードの登場によりA宝玉では元のサファイアと合わせて6サファイアなんて夢のようなことができます。すごい。もうほんとうにすごい。

《アドバンスド・ダーク》の重要性

A宝玉になり、どれも非常に効果が強力になっている分《アドバンスド・ダーク》がなければ効果も発動できずに墓地に送られてしまうので、その維持は非常に大切になってきます。
《A宝玉獣 アンバー・マンモス》の効果で守ることができるので、実は維持すること自体はあまり難しくはないです。
Aコバルトでサーチもできるため、発動自体も思っている以上に簡単です。
デッキの特性上フィールド魔法が必須なので《Sin レインボー・ドラゴン》の採用も考えられます。《ドラゴン目覚めの旋律》でのサーチ先が増えるので(Sinレインボーしか攻撃できなくなるデメリットに目をつぶれば)相性はいいです。

必殺技が使えない….

実は宝玉獣の必殺技の《宝玉の氾濫》の採用がかなり難しくなっています。
場のカードをすべて墓地におくるので、《アドバンスド・ダーク》も流れて行ってしまいますので、A宝玉獣を出そうとするとそのまま墓地に戻っていきます。通常の宝玉獣を採用していればそんなことはないのですが、デッキ枚数が大変なことになっちゃいます…
通常のサファイアがだせる状態で「氾濫」を打つことにより、一気に墓地にAを含む宝玉獣7種をため、サファイアの効果で「究極宝玉獣」をセット、効果で「究極宝玉神」をサーチして特殊召喚…みたいなコンボも狙えますが、7種ぴったりじゃないと駄目なのと、レインボーダークで代用するにしても2枚目のアドバンスド・ダークが必要なので、要求値が高いのであまりお勧めはできません。

本当の切り札は出しやすい!

【A宝玉獣】の切り札といえば《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》です。本家のレインボードラゴンと比べて闇属性であればどんなモンスターでも構わない点、7種ぴったりではなく、7種以上揃っていても出せる点などで本家に勝ります。
「虹の架け橋」→「宝玉の絆」→AルビーセットAコバルトサーチ→Aコバルト効果でアドバンスドダークサーチといったようにAコバルトのサーチ効果のおかげで従来の宝玉よりもかなり速いスピードで無理なくデッキを圧縮し、宝玉を集めることが可能です。これに加えてレアヴァリューというドローソースもあるので、2種類のサファイアを絡めて展開できれば早ければ2~3ターン目には7種の調整さえできれば本家の「究極宝玉神」はもちろん、レインボーダークも無理なく降臨させるとことができます。

 

それでは最後に私が考えたA宝玉獣のデッキをご紹介します。
メイン 43
宝玉獣 サファイア・ペガサス 3
究極宝玉獣 レインボー・ドラゴン 2
A宝玉獣 サファイア・ペガサス 3
A宝玉獣 アンバー・マンモス 2
A宝玉獣 トパーズ・タイガー 2
A宝玉獣 ルビー・カーバンクル 2
A宝玉獣 コバルト・イーグル 3
A宝玉獣 エメラルド・タートル 1
A宝玉獣 アメジスト・キャット 1
宝玉の守護者 1
究極宝玉神 レインボー・ドラゴン 1
究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン2
Sinレインボー・ドラゴン 1
虹の架け橋 3
宝玉の絆 3
アドバンスド・ダーク 3
レア・ヴァリュー 3
宝玉の契約 2
宝玉の恵み 2
宝玉の導き1
ドラゴン目覚めの旋律 1
救いの架け橋 1

エクストラ 15
究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン 2
恐牙狼 ダイヤウルフ 1
鳥銃士カステル 1
I.P.マスカレーナ 1
クロシープ 1
鉄獣戦線 徒花のフェリジット 2
王神鳥シムルグ 1
鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ 2
アクセス・コード・トーカー 1
ブルートエンフォーサー  1
警衛バリケイドベルグ  1
見習い魔嬢  1

何も奇をてらわずに、メインデッキはほぼ純構築にしました。後に控えている【ストラクチャーデッキ-宝玉の伝説-】で更に強化されるのですが、今回は【ANIMATION CHRONICLE 2022】が出たらすぐに組めるというのがコンセプトです。
メイン枚数が43でも先述したようにデッキの圧縮スピードが凄く早いのであまり気になりません。
《宝玉の絆》+《宝玉獣 サファイア・ペガサス》で5種類の宝玉獣を貯められ、次のターンには場と墓地を合わせれば7種以上の宝玉を集めることができます。
また、リンク召喚で能動的に墓地に宝玉を貯められるようになったのでアドバンスド・ダークのおかげもあって《究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴン》のがかなり出しやすくなりました。上振れると1ターンで降臨…なんてことも。
バリケドベルグでフィールドは守れますし、見習い魔嬢でさらに打点を上げることもでき《A宝玉獣トパーズ・タイガー》と《宝玉の守護者》の打点アップのお陰で究極宝玉神抜きでもライフカットのスピードも上がりました。

今回は【A宝玉獣】のデッキを紹介させていただきました。
【真竜】や【鉄獣戦線】などと混ぜると更に構築の幅が広がるので、みなさんも良き宝玉ライフを送ってください。

SD_宝玉の伝説

フォローしてね

ゲーマーズ 冬の本まつり2023⇒2024
五等分の花嫁アニメグッズ通販ならゲーマーズ

月間アーカイブ

取扱タイトル

関連する開催予定大会情報

開催日時 タイトル 大会名 店舗名 人数 開催種別 参加料 備考
2024.02.25(日)15:00 公認 遊戯王OCG 【遊戯王OCG】遊戯王の日 岡山西口店 16名 フリー対戦 商品代 遊戯王ニューロン必須。
2024.02.28(水)17:00 公認 遊戯王OCG 【遊戯王OCG】ランキングデュエル(マッチ戦) 岡山西口店 16名 スイスドロー 無料
2024.02.29(木)18:00 公認 遊戯王OCG 【遊戯王OCG】ランキングデュエル(1デュエル戦) 岡山西口店 16名 スイスドロー 無料