カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
オタロード本店の 店舗ブログ

【WS】最新弾『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』本選デッキレシピ紹介!!

どうも!

青ブタの聖地巡りがしたいWSサブ担当Sです。

今回は本日発売したヴァイスシュヴァルツ最新弾

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

カードをバリバリ使用した構築をご紹介!!

今回は注目のRRのどか双葉メインに使用した

デッキを考えてみました!

それがこちら!

デッキカードリスト

クリスマスプレゼント 豊浜 のどか x 4枚
ゆめみる少女 牧之原 翔子 x 3枚
時間と記憶 牧之原 翔子 x 2枚
小悪魔な後輩 古賀 朋絵 x 1枚
頼れる友人 双葉 理央 x 4枚
気怠げな応対 双葉 理央 x 1枚
傷の考察 双葉 理央 x 4枚
なすのとはやて x 4枚
黄昏の夕空 牧之原 翔子 x 2枚
シスコンアイドル 豊浜 のどか x 4枚
時間と記憶 桜島 麻衣 x 3枚
お兄ちゃんと一緒に 梓川 花楓 x 1枚
小悪魔の悩み 古賀 朋絵 x 3枚
神出鬼没のお姉さん 牧之原 翔子 x 2枚
二人のサンタクロース 桜島 麻衣 x 1枚
謎多き少女 牧之原 翔子 x 3枚
ミニライブ! x 4枚
複雑な心境 x 4枚

 

複雑な心境のCXコンボにより「頼れる友人 双葉 理央

レベル1から早出しして面を取りつつ、イベントカード「なすのとはやて

と合わせることで早い段階でのリフレッシュを狙い、

強い山を作り、レベル3の「クリスマスプレゼント 豊浜 のどか

に繋ぎます。

それでは各レベル帯キーカード回し方をご説明!

レベル0では新弾追加により先攻後攻どちらでもアドを取れるカードを

複数採用できるようになったのがありがたいですね。

先攻の場合は「シスコンアイドル豊浜のどか」>「小悪魔の悩み 古賀朋絵

でアタックすることを狙います。

後攻の場合は「時間と記憶 桜島麻衣」で相手のキャラをリバースすることにより

自キャラを後列に逃し、アドバンテージを得ることを狙います。

 

レベル1では「傷の考察 双葉理央」をCX「複雑な心境」を打つことによって、

頼れる友人 双葉理央」を多面早出しすることを狙います。

相手キャラをリバースし、手札を増やしつつ、

山札を最大8枚まで削ることができるので、

EV「なすのとはやて」と合わせることで早い段階で一回目のリフレッシュ

することを狙っていきます。

これらの双葉のcxコンボは強力なのですが、

手札に必要なカードが多数要求されます。

2面「頼れる友人 双葉理央」を出す場合、手札状況が

傷の考察 双葉理央」×2、「頼れる友人 双葉理央」×2、

cx「複雑な心境」×1の合計5枚が最低でも要求されます。

なので準備のために重要なのが最初のマリガンです。

マリガン時にこれら3種類のカードが来た場合は離さず握っておきましょう。

レベル2では「頼れる友人 双葉理央」が素出しできるようになるので、

継続で使用しつつ、早出しが可能な「ゆめみる少女 牧之原翔子」、

時間と記憶 牧之原翔子」を状況に合わせて展開していきます。

レベル1で早出しした「頼れる友人 双葉理央」のcxコンボで加えるキャラは

1/0助太刀「黄昏の夕空 牧之原 翔子」>「ゆめみる少女 牧之原翔子」の

優先度で加えておくと戦いやすいでしょう。

 

レベル3では新弾の注目カードのひとつである

クリスマスプレゼント 豊浜のどか」でゲームを決めます。

理想は「クリスマスプレゼント豊浜のどか」2面以上で

CX「ミニライブ!」打っていきます。

登場時テキストが3ルックなので対応CXを引き込みやすくなっています。

このcxコンボで気をつけないといけない所が

CXコンボのコストを払うタイミングがCXを置いた時なので

クライマックスフェイズ時点で1面につき、1コスト+手札1枚が必要です。

例えば2面のどかのCXコンボを使用する場合

メインフェイズで「クリスマスプレゼント豊浜のどか」2枚展開してなおかつ、

2コスト手札2枚を温存してクライマックスフェイズに移行しなければいけません。

その分詰め性能は高いテキストになっているので、

積極的に多面を狙いゲームを決めにいきましょう。

 

 

以上がこのデッキの紹介でした。

もちろん当店でもこちらのデッキを作成することが可能ですよ!

在庫切れの際はご容赦くださいませ。。。

 

わからないことがあればオタロード本店ヴァイス担当まで

お気軽にお尋ねくださいませ。

デッキの構築相談、シングルカードのお探し等致します。

 

それではまたお会いしましょう^^

 

 

 

 

 

 

フォローしてね