カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
秋葉原ラジオ会館本店の 店舗ブログ

【デッキ紹介】復帰勢にもオススメ‼スタッフ力作(?)のロマンが詰まった【HEROデッキ】が面白すぎた‼

こんにちは、今回もスタッフSの代行としてO(オー)がお送りいたします‼

本日は私、スタッフOが使用しているデッキをご紹介いたします。

2006年に初登場してからずっと大好きなD-HEROなのですが、ドローを含むデッキ圧縮効果を持つものが多いなぁと思い、

エクゾディア、狙えるんじゃない?

 

ってことで試行錯誤を繰り返し、完成させました‼パチパチ

 

デッキからHEROを回収できるE・HEROデッキから仲間を呼べるV・HEROの力も借りてとことんデッキを圧縮、豊富なドローカードでエクゾディアパーツを揃える、という戦い方です。

具体的な回し方をご紹介します。

 

【序盤の回し方】

1、手札のHEROでデッキを回す

①手札にファリス(+コスト用のHERO1体)がいれば特殊召喚、デッキからインクリースを永続罠扱いで置く

②ファリスをリリースしインクリースを特殊召喚、デッキからヴァイオンを特殊召喚

③ヴァイオンの効果でシャドーミストを墓地へ送り、その効果でエアーマンを回収

④エアーマンを通常召喚、ファリスを回収

エアーマンが手札にある状態でスタートできるなら④→①→②…
とループのスタート位置をずらすことができます。

 

ファリスの召喚コストに使用したHEROがディアボリックガイやドローガイなら嬉しいですね。

ディアボリックガイは効果を使ってデッキから2枚目を特殊召喚できますし、
場の戦士族を素材にリンク召喚したクロスガイの効果で墓地からの特殊召喚が可能です。

ドローガイを特殊召喚するとお互いに1ドローでき、クロスガイには場のD・HEROをリリースすることでデッキから別のHEROを回収する効果がありますから、さらなる展開や準備に繋げられます。

デッキには墓地にD・HEROを送るカードも含んでいるので比較的この動きはしやすいです。

 

2、デッキのHEROでデッキを回す

「フュージョン・デステニー」はデッキのHEROを素材に融合召喚、

ここでは「D・HEROドミネイトガイ」を出しましょう。
次のターンのエンドフェイズ時に破壊される効果がプラスに働きますし、
ディスクガイやドローガイを特殊召喚すれば一気にドローできます。

注目ポイント‼

これまではドミネイトガイを出しても手札、デッキに戻す効果や除外効果に対応できずに苦しんだのですが、
「ハイレート・ドロー」の登場により回避に成功することができました‼
その上チェーン処理終了後には、ドミネイトガイの効果が発動されるので展開とドローが狙えます。

 

【中盤の回し方】

破壊されたドミネイトガイの効果で特殊召喚したHEROを素材にしてさらに展開していきます。
クロスガイやイゾルデをリンク召喚してもいいですし、「鎖龍蛇スカルデット」を狙ってみるのも面白いですよ。

 

 

これでおしまいです。

 

え?【終盤】は?

 

いえ、おしまいなんです。

実はこれだけ動かせると、デッキ残数が数枚程度になってますのでドロー系のカードを使用していけば自然とエクゾディアが完成しているんです。

 

高打点で戦うHEROデッキかと思わせて実はエクゾディアでした…

 

と意表をつくのがコンセプトだったりしますので、非常に面白いですよ。

説明だけではこの面白さを伝えるには不十分かと思います、ぜひ構築して体感してみてください‼

 

 

個人的にはやはりドローがしたい、というコンセプトのもと作成したデッキですので「戦士の生還」のような次のドローに繋げるカードを採用していますが、
「増援」「E-エマージェンシー・コール」でサクッとエアーマンを回収してしまうのも手ですね。

「貪欲な壺」があれば万が一エクゾディアパーツが墓地に送られててもデッキに戻せるので安心ですね。

 

改良の余地は無限大にありますからね、私もまだまだ研究していきますよ‼

少しでも参考になれば幸いです。

【ハイレート・ドロー】たくさん破壊してたくさんドロー!!おかわりもあるぞ!!【遊戯王カード紹介】【COLLECTION PACK2020】