カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
福岡天神店の 店舗ブログ

【デュエルマスターズ】いまさら聞けない「オカルトアンダケイン」の回し方

こんにちは、DM担当です。

 

本日はデッキ解説記事です。

今回は【オカルトアンダケイン】の解説をしていきます。

世間では「回すのが難しい」というイメージが先行している気もするこのデッキ、登場してから暫く経つため今更人には聞けないけれど実は動きをよく知らない・・・という人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は【オカルトアンダケイン】の動きを各カードの役割から紹介していこうと思います。

 

1.デッキリスト

今回参照するリストは以下です。

スタンダードなリストかと思います。

 

2.各カードの役割

「不敵怪人 アンダケイン」

デッキに採用されている全てのカードと相性が良い最強カードです。

このカードを使うためにこのデッキが存在しています。

主に「フォーエバー・オカルト」や「ダースシスK」、「クロスファイア」を種に3~4ターン目に降臨し、墓地から状況に応じたカードを呼び出していきます。

 

「煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト」

このカード1枚で「零龍」の「破壊の儀」を達成することが出来ます。

「アンダケイン」のコストにもなりますが、このカード自体を出す条件の都合上「ダースシスK」よりは優先度が低いです。

その他「ラビリピト」のハンデス効果のトリガーにもなります。

 

「暗黒鎧 ダースシスK」

「アンダケイン」を呼び出すためのメインギミックです。

「アツト」「ノロン↑」「ドゥゲンダ」を2ターン目に出し、3ターン目にそれらをコストにこのカードを0コストで出しつつ更にこのカードをフシギバースのコストに「アンダケイン」を呼び出すのが理想的な動きになります。

 

「一なる部隊 イワシン」

墓地を利用するデッキ全てのデッキパワーを底上げしてくれるスーパーカードです。

ドロー効果・墓地肥やし効果のいずれももちろんこのデッキに噛み合っており採用しない理由はないでしょう。

 

「腐敗勇騎ドルマークス」

「シュトラ」

「アンダケイン」から呼び出すカードその1と2です。

共に相手のマナをランデスするカードですが、「ドルマークス」のほうが相手の盤面にも干渉できる分多少強いです。

その分「シュトラ」(あるいは「フォール・クロウラー」)には手札から素出ししやすいという利点がありますので、一長一短でしょう。

双方共に、自分のマナが続く限り出し続けるループルートがあります。

 

「天災 デドダム」

「アンダケイン」から呼び出すカードその3で、その中で最も「いつ出しても強い」です。

手札補充・マナ加速・墓地肥やしのいずれも強力で、特にこのデッキは墓地肥やしを最も有効に利用できるデッキの一つでしょう。

【ビッグマナ】系列のデッキが増えている昨今、うかつな「シュトラ」は命取りになりかねませんので、そういった場合はこのカードが最も優れているでしょう。

ただし、手札からの素出しはほぼ出来ないことには注意が必要です。

 

「追憶人形ラビリピト」

「アンダケイン」から呼び出すカードその4です。

「フォーエバー・オカルト」「オブザ08号」のいずれかから効果を発動することが出来ます。

特に「王星伝説超動」発売以降の環境では「とこしえの超人」が群れをなして襲ってきますので、そういった相手に「アンダケイン」の効果を発動せずこのカードの全ハンデスを狙って立ち回るのもいいでしょう。

 

「龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢」

青マナを置けない時の初動であり、「ラビリピト」のトリガーであり、後半にいきなり投げて「とこしえの超人」を焼き払うカードと、一枚で複数の役割をこなす優秀カードです。

後半にビートダウンプランに以降する際にも、「クロスファイア」に添えて1~2マナで放り投げることで相手にプレッシャーをかけられるでしょう。

 

「暗黒鎧 ザロスト」

「イワシン」と同様、墓地を利用する全てのデッキのデッキパワーを底上げしてくれるカードです。

相手の場に「とこしえの超人」がいる時も含めいつ出してもそこそこ強いですが(「とこしえの超人」がいてもノーコストでマナを伸ばしてくれるため)、「リツイーギョ #桜 #満開」や「DG-パルテノン~龍の創り出される地~」等の「召喚回数を制限してくるメタカード」がある場合は貴重な召喚回数をこのカードに費やすのが勿体ないため効果の発動を控えましょう。

 

「戦略のD・H アツト」

「【問2】ノロン↑」

「戯具 ドゥゲンダ」

最も安定した初動です。

手札の質を高めつつ墓地を肥やし、更に「ダースシスK」の種になることで安定したゲームのセットアップを実現します。

「アツト」のみ4枚なのは、3種のなかで唯一効果の発動が任意であるためです。

 

「盗掘人形モールス」

「イワシン」「ザロスト」と同じく、墓地を利用するデッキならば採用しない理由がないほどのパワーカードです。

基本的にいつ出しても強いです。

0コストで出る5コストのクリーチャーなので「アンダケイン」のコストにもできる他、「零龍」の「手札の儀」の達成にも貢献してくれます。

 

「百万超邪 クロスファイア」

ビートダウンプランに移行する際のメインアタッカーです。

故にビートダウンプランをどれくらいとる環境かによって採用枚数が変動します。

墓地がたまったゲーム後半に「モールス」から拾っていきなり放り投げる古くからの墓地ソースの動きもやはり強力です。

また、0コストで出せる7コストのクリーチャーなので「アンダケイン」のコストにすることも出来ます。

 

「闇鎧亜ジャック・アルカディアス」

万能S・トリガーです。

この枠は環境等によって変動する自由枠です。

枚数を増やしたいカードを積み増したり、環境に応じた新たなメタカードを入れる等、柔軟に変更しましょう。

 

3.基本的な動き方

2ターン目に「アツト」「ノロン↑」「ドゥゲンダ」を出して墓地と手札を整え、3ターン目に「ダースシスK」の効果発動から「アンダケイン」を降臨させるのが理想的な動きになります。

以降は「アンダケイン」をコストに「アンダケイン」を出して「ドルマークス」でマナに送った「アンダケイン」を墓地に送るのを繰り返す等、盤面をコントロールしながら「零龍」の降臨を目指しましょう。

「零龍」降臨後は「シュトラ」「ドルマークス」をそれぞれこちらのマナが続く限り出し続けるコンボがあります。

こちらのコンボの手順を書いておきます。

・「シュトラ」の場合

①「零龍」、「アンダケイン」、「シュトラ」の3体を場に揃え、これら3体を破壊し「フォーエバー・オカルト」を出す(この際「零龍」は破壊されずに場に残る)

②「フォーエバー・オカルト」をコストに「アンダケイン」のフシギバースを発動、「アンダケイン」が墓地から場に出て「フォーエバー・オカルト」がマナに送られる

③「アンダケイン」の効果で「シュトラ」を呼び出し、自分のマナゾーンから「フォーエバー・オカルト」を手札に戻す

 

これで盤面が①の状態に戻っているため、あとはこちらの黒マナ一つにつきこの動きを一回繰り返し、その度に相手のマナの枚数を減らすことが出来ます。

更にこのときこちらの盤面に「ラビリピト」が立っていると、「フォーエバー・オカルト」が出る度に効果がトリガーするため「シュトラ」で手札に戻した相手のカードを全て捨てさせることが出来ます。

手札もマナも奪われてはたまったものではないですね。

 

・「ドルマークス」の場合

①場に「アンダケイン」、墓地に「ドルマークス」「アンダケイン」を揃え、場の「アンダケイン」をコストに墓地の「アンダケイン」のフシギバースを発動する

②「アンダケイン」の登場時の効果で「ドルマークス」を出し、効果で「ドルマークス」自身とフシギバースでマナに送った「アンダケイン」を墓地に送る

これで盤面と墓地は①の状態に戻っているので、こちらの黒マナ2つにつきこの動きを一回繰り返し、その度に相手のマナと盤面を破壊することが出来ます。

先程の「シュトラ」のパターンと比較して1ループに必要なマナの数が1多いものの、「フォーエバー・オカルト」「零龍」を必要とせず更に相手のマナを直接墓地に送るため「ラビリピト」も必要なく、相手の盤面にも干渉でき、必要なカードも少ないなど優れている点も多いです。

「ドルマークス」が殿堂入りカードのためなかなか最速で決めるのは難しいですが、「ドルマークス」が見えたら最も優先して墓地に送ってもいいでしょう。

 

あとは相手のマナと手札、あるいは盤面を全て破壊しつくし、安全にフィニッシュを決めます。

この状況で「零龍」に攻撃されたら相手はひとたまりもないでしょう。

 

 

 

いかがだったでしょうか。

なぜ今この記事を書いているかというと、当店に【オカルトアンダケイン】デッキが入荷したためです。

リストもこの記事で紹介しているものと同じですので、「オカルトアンダケイン興味あったけど難しそうだからちょっと・・・」という方は是非いかがでしょうか。

店頭でも中身確認出来ますので、ぜひ見てみてください。

 

 

 

では。

ゲーマーズ 冬の本まつり2023⇒2024
五等分の花嫁アニメグッズ通販ならゲーマーズ

月間アーカイブ

取扱タイトル