カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
マルイ海老名店の 店舗ブログ

【にじさんじ/樋口楓】にじさんじのデッキを考えてみた!Ver.リンカーネイション【ウィクロス】

ウィクロス にじさんじ でろーん リンカーネイション

今回は、新弾【リンカーネイション】のカードを使った樋口楓のデッキを考えみました!

前回紹介したデッキとは全然違うので早速目玉カードを紹介していきます!

フォーカラー・マイオーラ

↑↑(公式の詳細ページを確認したい方はこちら)↑↑

フォーカラー・マイオーラ ウィクロス

以下の4つから4つまで選ぶ。
①対戦相手のパワー12000以下のシグニ1体をバニッシュする。
②あなたのトラッシュからレベル3以下のシグニ1枚を場に出す。
③あなたのエナゾーンからシグニ1枚を手札に加える。
④各プレイヤーは自分のデッキの上からカードを7枚トラッシュに置く。

リンカーネイションで登場したLC。キーセレでは珍しいコストに4色のカードを要求するこのアーツは、ひと目で分かる通り強い事しか書いていません。防御ターンでこれを発動すれば、最大2面止められるので手札にサーバントがいれば無傷でターンが帰ってくるかもしれないです。

そして、このアーツの4番目の効果の両プレイヤーのデッキ破壊に関係してくるカードを紹介します。

不可思議な誇超 コンテンポラ

↑↑(公式の詳細ページを確認したい方はこちら)↑↑

コンテンポラ ウィクロス

【常】:あなたのターンの間、対戦相手のトラッシュにあるカードは色とクラスを失う。
【常】:対戦相手の効果はバニッシュ以外でこのシグニを場から移動させない。

【自】:このシグニが効果によって手札かデッキからトラッシュに置かれたとき、あなたのターンの場合、このシグニをトラッシュから場に出してもよい。
ライフバースト:あなたのデッキの上からカードを3枚トラッシュに置く。その後、あなたのトラッシュから対戦相手の選んだカード1枚をライフクロスに加える。

こちらもリンカーネイションから登場した【美巧】のシグニ。場にいる間は、対戦相手のバニッシュ以外の効果で場に離れることはない中々に強いシグニです。なので、手札に戻されることもトラッシュに送られることもないので生存力が高いです。

そして、このシグニは手札かデッキからトラッシュに送られたときに本領を発揮します。なんと、トラッシュから場に出していいのです。なので、コストとして手札から捨てれば場に復活するお得な能力です。

それでは、今回考えたデッキを紹介します!

にじさんじ 樋口楓
《ルリグデッキ》
お好みのレベル0
樋口楓 レベル1(WDK16-04H)
樋口楓 レベル2(WDK16-03H)
月ノ美兎 レベル3’(WXK08-006)
樋口楓 レベル4(WDK16-01H)
楓サポーター 凛&美兎(WDK16-05H)
サポーター 明治&有栖&江良(WXK11-012)
ドリーム・トライアングル(WXK08-001)
フォーカラー・マイオーラ(WXK11-011)
オリジナル・サプライズ(WXK11-005)

《メインデッキ》
LBあり
コードVL 本間ひまわり(WDK16-06H)×2
コードVL 物述有栖(WXK08-023)×4
コードVL 健屋花那(WXK11-018)×1
羅祝石 ダイヤブライド(WXK11-019)×1
不可思議な誇超 コンテンポラ(WXK11-026)×2
弩書 ザ・ロウ(WXK08-031)×2
コードVL えま★おうがすと(WXK11-057)×2
讃の遊 スノボクイーン(WXK11-048)×2
コードVL 戌亥とこ(WXK10-034)×4

LBなし
コードVL ルリス・キャミー(WXK11-051)×2
コードVL 魔使マオ(WXK11-059)×2
コードVL リゼ・ヘルエスタ(WXK10-035)×2
コードVL アンジュ・カトリーナ(WXK10-036)×2
コードアート T・P・S(WXK09-079)×1
中装 アダマスフィア(WXK11-054)×1
コードアート V・B・R(WXK09-086)×2
舞踏の小悪 サユラギ(WXK11-027)×2
サーバント O2×3
サーバント D2×1
サーバント T2×1
サーバント Q2×1

いかがですか?従来どおりのデッキだと『ファイト・ゴースト』が入っていましたが、ルリグを樋口楓にすることにより無理に登録者カウンターを稼ぐ必要も無くなりましたので、『サポーター 明治&有栖&江良』を入れました。この事により、2ターン目まではルリグによる与えられるダメージが無くなり、グロウするこでエナチャージが出来るので、少ない結果的に少ない消耗でプレイを進められます。

ただ、初動のサーチカードを採用していないので今まで以上にマリガンが重要になってきます。手元に残しておきたいカードは、『コードVL 戌亥とこ』『コードアート V・B・R』レベル4シグニです。今までは、『ファイト・ゴースト』から『コードVL 雨森小夜』に繋げて守りを固めていたのですが、今回は次のターンに繋げることを意識して【戌亥とこ】でレベル2のシグニをサーチし、【V・B・R】で守りを固めます。【戌亥とこ】でサーチするのは『コードVL リゼ・ヘルエスタ』でも『コードVL 魔使マオ』でもなんでもいいのですが、個人的には『コードVL アンジュ・カトリーナ』をおすすめします。

『リゼ』でもいいのですが、全体のパワーを高めることにより出来るだけ場を残すようにしたいからです。そして、『ファイト・ゴースト』を使用していないため登録者カウンターが進んでおらず、リゼの常時能力を活かすことが出来ないので『アンジュ』をおすすめします。

そして中盤の動きとしては、『えま★おうがすと』を使い少ない手札消費で場を展開する方法か、『T・P・S』で序盤に置いたレベル4シグニを回収して次のターンに繋げる方法があります。が、私としてはこの動きが良いといったことは今は言えません。その時その時の相手の盤面と自分の手札によります。

次は終盤の動きについていきます。

ルリグがレベル4になったと同時に『サポーター 明治&有栖&江良』の起動能力で相手の盤面を1面空けて、トラッシュ及びデッキから該当カードを回収出来るので必須の動きです。

攻める時は最初からフルパワーでも良いですし、相手の攻撃から自分を守り抜ける覚悟があるなら、先程紹介した『コンテンポラ』を使って少ない手札消費で盤面を固める方法があります。

最初からフルパワーで攻める場合は、『物述有栖』を筆頭に『スノボクイーン』と『ひまわり』か『ザ・ロウ』をおすすめします。『有栖』と『スノボ』は共に出現時能力で相手のシグニを手札に戻す能力を持っており場に出さすだけで2面空くのと、『サポーター 明治&有栖&江良』の起動能力と『樋口楓』の出現時能力を使ったあとであれば全面を開けることが出来るので『スノボ』は無理に使用しなくても、『有栖』1枚で十分です。ただ、この時点で登録者カウンターは100万人を突破していないのでバニッシュされるので注意してください。

最後にこの構築で1番の謎に思われているカードについていきます。

舞踏の小悪 サユラギ

↑↑(公式の詳細ページを確認したい方はこちら)↑↑

サユラギ ウィクロス

【常】:あなたのトラッシュにカードが18枚以上ないかぎり、このシグニはアタックできない。
【自】:このシグニがアタックしたとき、対戦相手は自分のシグニ1体をトラッシュに置く。
【起】《ダウン》:各プレイヤーは自分のデッキの上からカードを3枚トラッシュに置く。

このシグニはトラッシュに18枚のカードがないとアタックが出来ないというかなり特殊のシグニですが、アタック出来るようになれば強烈で凶悪な能力が働きます。アタック時に相手は自分のシグニを選択してトラッシュに送る。つまり、相手のシグニを手札に戻りたりして厄介なシグニだけを残してそれをトラッシュに送るといったかなり強い能力です。

なので、このシグニの出番は終盤、ルリグがレベル4に達した時がこのシグニの本領を発揮します。たとえリフレッシュして墓地がなくても起動能力で墓地肥やしが出来るので、出し損はしないです。

最後に、このデッキはアカバネ先生の構築を自分なりに構築し直しました。私は、基本的に黒のカードを使うのが好きなので、『コンテンポラ』を入れてデメリットになるコストをメリットにするようにしました。やっぱり、型が出来上がってるデッキから想定してないカードが飛び出てくるのはとても楽しいですね。

下に、過去に書いたブログのリンクを張りますので、ぜひそちらもよろしくお願いします。

【にじさんじ/月ノ美兎】コリジョンの発売が近いのでデッキを紹介します!【ウィクロス】

【にじさんじ/静凛】静凛のデッキを考えてみた!(有栖軸編)【ウィクロス】

【にじさんじ/樋口楓】にじさんじデッキを考えてみた!【ウィクロス】

【ウリス】コリジョンが発売されたのでデッキを考えてみる【ウィクロス】

【カードラボ海老名】新弾の発売が近いのでデッキを考えてみる。緑ピルルク編【ウィクロス】

カードラボオンラインショップ