カードラボ(C-labo)は、仲間と!親子で!ライバルと!
気軽にご来店いただけるカードショップです。
秋葉原ラジオ会館本店の 店舗ブログ

【かわいい顔して次期大会環境候補!?】新規テーマ「ふわんだりぃず」カード・類似裁定解説&相性の良いカード考察&デッキレシピ紹介!!【召喚権も最強永続罠も使い放題!!】【遊戯王OCGテーマ・デッキ紹介】【BURST OF DESINY】

こんにちは!秋葉原ラジオ会館本店のスタッフSです!!

本日は、7/17(土)発売「BURST OF DESTINY」に収録される新テーマ「ふわんだりぃず」をご紹介!!

カードイラストなどは、コチラ↓↓↓をご覧ください!!

かわいい顔して、強力で独特な動きを見せてくれますよ!!

新規カード解説

「ふわんだりぃず」は、通常召喚を主軸に据えた鳥獣族テーマです!!
特殊召喚を一切行わない代わりに、召喚だけでモンスターを展開し、アドバンス召喚した切り札で戦います!!
からNorthSouth)へ移動する渡り鳥と、
通常召喚Normal Summon)の
2つの「NS」を掛けているかもしれないとも
話題になりましたね!!(真偽は不明ですが)
背景ストーリーは、渡り鳥の「ふわんだりぃず」と、旅で出会った鳥たちがモンスターに描かれ、
イベントが魔法・罠に描かれているものと推測できます!!

それはさておき、下級モンスターは現状4種判明しており、そのどれもが
効果を発動するターンは特殊召喚できないデメリットと、
手札や除外を増やしながら、鳥獣族を召喚する効果
表側表示でフィールドを離れると除外される効果
除外されている状態で鳥獣族が召喚されると手札に戻る効果
を持っています!!

ふわんだりぃず×ろびーな

効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 600/守1200
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

ふわんだりぃず×いぐるん

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

ふわんだりぃず×すとりー

効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 700/守1100
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合、
自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

ふわんだりぃず×とっかん

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 500/守1300
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合、
除外されている自分の「ふわんだりぃず」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

これらのモンスターのうち2体を召喚して、最上級モンスターのアドバンス召喚に繋げます!!

コチラの裁定から推測すると、アドバンス召喚の際にリリースされた「ふわんだりぃず」そのまま手札に戻せるものと思われるので、実質消費ナシでのアドバンス召喚が可能なはずです!!(念のため、発売後にOCG事務局に裁定をお問い合わせいただけますと幸いです。)

テーマの最上級モンスターは次の2体!!

ふわんだりぃず×すのーる

効果モンスター
星10/水属性/鳥獣族/攻2900/守 800
①:アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
②:アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
③:相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

ふわんだりぃず×えんぺん

効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
①:このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
②:アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
③:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札1枚を除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

「すのーる」は以下の3つの効果を、
召喚権が3回になる。
自分のモンスター全員に貫通付与。
相手ターンに手札1枚を除外して、相手の特殊召喚されたモンスター全部を裏側守備にする。

「えんぺん」は以下の3つの効果を持っています!!
召喚時にデッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠を手札に加え、後にモンスター1体を召喚。
相手の特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果発動不可。
このカードのダメージ計算時、手札1枚を除外して、戦闘する相手モンスターの攻守をそのターン中半分にする。

どちらも召喚権が増えるだけでなく、制圧に適した効果を持っており、連続召喚の終点中継を器用にこなしてくれます!!
どちらも名称指定でのターン1回の発動制限がないので、
同名カードを複数体並べれば、その分制圧力を発揮してくれるのも嬉しいですね!!

また、魔法良質すぎるものが揃っています!!

ふわんだりぃずと謎の地図

フィールド魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、
見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。
その後、見せたモンスターを召喚する。
②:相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。
自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。

フィールド魔法「謎の地図」は、
①デッキから「ふわんだりぃず」カードを除外して、レベル1「ふわんだりぃず」を召喚。
②相手が召喚したら、自分も「ふわんだりぃず」を召喚。
という、召喚回数を増やす2つの効果を持っています!!

①の効果で下級「ふわんだりぃず」を除外すれば、召喚に反応して手札に戻ってくるので、そのまま召喚することが可能ですし、
②の発動は1ターンに1度ですが、モンスター効果により相手ターンでも自分のターンのように「ふわんだりぃず」召喚が連鎖するので、

まさしくテーマのキーカードと言っても過言ではありません!!

召喚回数を増やせる点も純粋に強力で、
下級「ふわんだりぃず」1体の効果が「無限泡影」に無効にされても、
通常の召喚権を行使して展開することが可能です!!

実質的に妨害を貫通するための1枚とも捉えることができます!!

ふわんだりぃずと未知の風

永続魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、
モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる。
②:自分メインフェイズに発動できる。
手札の鳥獣族モンスターを2体まで相手に見せ、好きな順番でデッキの一番下に戻す。
その後、自分は戻した数だけデッキからドローする。

永続魔法「未知の風」は、相手の魔法・罠もリリースできるようになった「帝王の烈旋」です!!

①の効果で、2体リリースのアドバンス召喚を行う際、自分のモンスター1体と相手フィールドのカード何でも1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚する効果は対象を取らないので、
対象耐性や効果破壊耐性・リリース耐性を無視して相手のカードを除去できます!!

また、②の効果も便利で、手札に同名カードが被ってしまった「ふわんだりぃず」をデッキへ戻して、手札交換が可能です!!

後述するいくつかのカードとドロー効果の相性が悪い点には注意ですが、総合的に見て採用する理由が無いほど強力なカードですよ!!

ふわんだりぃずと夢の町

通常罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、
このカードを除外して発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

通常罠「夢の町」は、メインフェイズに下級鳥獣族を召喚できる効果と、
レベル7以上の鳥獣族の召喚時に墓地から自身を除外して相手モンスターを全て裏側守備表示にできる効果を持っています!!

①で下級から連鎖して最上級「ふわんだりぃず」を召喚し、即座に②の効果を使えるので、まるで展開効果を持った「皆既日蝕の書」といった使い方が可能です!!

しかし、後述する「とあるカード」との相性が悪いので、採用しないこともありえます。

逆に言えば、そのカードを採用しないのであれば、「とっかん」の効果で繰り返し再利用するのも狙えるので、最低1枚は採用しておきたいカードです!!

ふわんだりぃずと怖い海

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに、アドバンス召喚された表側表示モンスターが存在し、
特殊召喚されたモンスターが存在しない場合、相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
このターン、相手はモンスターを特殊召喚できず、通常召喚を3回まで行う事ができる。

カウンター罠「怖い海」は、
かなり面白い効果を持ったカードです!!

アドバンス召喚されたモンスターが自分フィールドに存在し、特殊召喚されたモンスターが自分フィールドに存在しなければ、
相手モンスターの特殊召喚を無効にして手札に戻させ、
さらに相手にこのターン中の特殊召喚を禁止します!!
その代わり、相手は3回まで通常召喚が可能になります!!

現在使用されている多くのデッキは、EXデッキを使用するものをはじめ、特殊召喚に依存したデッキが多いので、
実質的なターンスキップになりうる場合すらあります!!

しかし、3回もの召喚権を相手に渡してしまうので、【青眼の白龍】のような強力なモンスターをアドバンス召喚できるデッキの場合、無理矢理それらの最上級モンスターが出てきて圧される可能性もあるので、使いどころには要注意です!!
もしかしたら、「原始生命態ニビル」をアドバンス召喚されて圧倒されちゃうかも!?

相性の良いカード考察

上記「ふわんだりぃず」カードだけでも強力なのですが、
「ふわんだりぃず」の真骨頂は、
ハイリスク・ハイリターンなカードたくさん搭載できることです!!

特殊召喚を一切行わないので、「虚無空間」「スローライフ」などの永続的に特殊召喚を対策するカードをバンバン採用できますし、
「強欲で謙虚な壺」のデメリットも気になりません!!

しかも、下級鳥獣族はリリースしても墓地に行かないのも「虚無空間」と相性が良いですね!!

墓地をあまり使用せず、むしろ除外される方が都合が良いので、「次元の裂け目」「マクロコスモス」「ディメンション・アトラクター」もオススメです!!

「マクロコスモス」「ディメンション・アトラクター」「夢の町」相性の悪さには注意ですが、
「エフェクト・ヴェーラー」「幽鬼うさぎ」などの、墓地へ送れなければ使えない手札誘発への対策にもなり、「ふわんだりぃず」がより快適に動きやすくなりますよ!!

上記カードで対策できないものは、「抹殺の指名者」で無力化してしまいましょう!!
エンドフェイズにデッキから「ふわんだりぃず」を除外して、次のターンに手札に加える器用な動きも可能ですよ!!

また、EXデッキを使うかどうかで、戦略が変わってくる点も面白いです!!

EXデッキを0枚で構築するなら
「真帝王領域」「帝王の溶撃」の採用も視野に入ります!!

「謎の地図」とフィールド魔法が被るので「真帝王領域」は慎重に検討する必要がありますが、「帝王の溶撃」は手軽に制圧力を強化できるので、EXを0枚にする最大の理由と言えるでしょう!!
自分の下級「ふわんだりぃず」効果も無効にしてしまう点だけ要注意ですが、最上級鳥獣族がフィールドを離れても即座に「ふわんだりぃず」を展開し、別の最上級鳥獣族をアドバンス召喚して「帝王の溶撃」を維持できるポイントは強力ですよ!!

逆にEXデッキを15枚で構築するなら、「強欲で金満な壺」「金満で謙虚な壺」が使えます!!

どちらもデッキの安定性やリソース確保に貢献してくれるので、程よいバランスで採用すると良いでしょう!!

ただし、他のドロー効果が同じターンに使用できなくなり、「未知の風」による手札交換ができなくなる点だけ注意しましょう!!
相手のカードを墓地へ送る効果は有効なので、両方採用で問題ないですよ!!

その他、「ふわんだりぃず」以外の鳥獣族モンスターもアドバンス召喚できるので、
「烈風帝ライザー」を相手ターンにアドバンス召喚して、妨害とドローロックを同時に行ったり
「霞の谷の巨神鳥」を毎ターンアドバンス召喚して継続的に相手にプレッシャーをかけるのも超強力です!!
「烈風の覇者シムルグ」も、除去と継戦能力に優れるので、採用候補の1枚です!!
リソース確保が得意なので、「地縛神 Wiraqocha Rasca」によるハンデスを狙うのも面白いかも!?

魔法カードが使い辛くなりますが、「ダーク・シムルグ」と「魔封じの芳香」のコンボを採用するのも良さげです!!

最上級鳥獣族をバンバンアドバンス召喚するなら、「冥界の宝札」も面白いですよ!!

サンプルデッキレシピ

ふわんだりぃず×ろびーな×3
ふわんだりぃず×いぐるん×3
ふわんだりぃず×すとりー×2
ふわんだりぃず×とっかん×2
ふわんだりぃず×すのーる×2
ふわんだりぃず×えんぺん×2
烈風帝ライザー×2
霞の谷の巨神鳥×1
灰流うらら×2
ふわんだりぃずと謎の地図×3
ふわんだりぃずと未知の風×2
テラ・フォーミング×1
強欲で金満な壺×1
金満で謙虚な壺×2
強欲で謙虚な壺×2
次元の裂け目×2
ハーピィの羽根帚×1
虚無空間×1
マクロコスモス×2
神の宣告×3
ふわんだりぃずと怖い海×1

中生代化石騎士 スカルナイト×2
中生代化石マシン スカルワゴン×3
旧神ヌトス×3
餅カエル×1
鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ×3
鉄獣戦線 徒花のフェリジット×3

最後にサンプルデッキレシピをご紹介!!

ここまで紹介したことを踏まえて、妨害に特化した構築にしてみました!!
EXデッキは本当に使わないので、相手によるEXデッキ破壊対策に優れたカードたちを採用してみました!!

「霞の谷の巨神鳥」「虚無空間」「マクロコスモス」が共存してるデッキは「ふわんだりぃず」だけ!!

EXデッキ0枚の構築と比べて、先攻後攻を決める段階では「ふわんだりぃず」以外のデッキだとも相手に思ってもらえる可能性が高いのも、EXデッキ15枚構築の利点ですよ!!

妨害カードを緩くする代わりに豊富な最上級鳥獣族モンスターを採用して、
毎ターン異なる鳥獣族をアドバンス召喚する構築も面白そうです!!

ぜひ皆さんも、可愛い鳥たちのデッキレシピを考えてみてくださいね!!
それではまた次回!!

オススメ記事

【あの注目カードたちはどうなった???】2021年7月リミットレギュレーション改訂公開!!【さらば「十二獣ドランシア」】【遊戯王OCG禁止制限改訂・次期大会環境考察】

【驚愕!!「軍貫」はランク4エクシーズテーマじゃなかった!?】新たに「うにの軍貫」「しらうおの軍貫」が加わった「軍貫」デッキ!!【本格的に寿司デッキを握れるように!!】【遊戯王OCG新規カード解説・デッキレシピ紹介】【BURST OF DESTINY】

「ヴァレル」儀式モンスター登場!!】「ヴァレルロード・R・ドラゴン」など新規「ヴァレット」紹介&考察!!【パッケージモンスターはトポロジック…?】【恐竜デッキ使いも要チェック!!】【遊戯王OCGカード紹介】【BURST OF DESTINY】

お役立ち記事まとめ

【デッキ構築の参考にどうぞ♪】デッキレシピ一覧!!【テーマ別五十音順】【遊戯王OCGデッキ紹介】

【きっとよくわかる】ルール解説一覧!!【遊戯王OCGルール解説一覧】

【構築の参考にどうぞ♪】デッキレシピ一覧!!【種族別・大会環境レベルからネタデッキまで!!】【遊戯王ラッシュデュエルデッキ紹介】

【「強欲な壺」がラッシュデュエルに登場!!】2021年4月18日現在で登場・公開されているLEGEND11種一覧!!【デッキにピッタリなLEGENDカードはどれ?】【遊戯王ラッシュデュエルカードまとめ】